<話題の焦点>=超低位株ファンド、安さが魅力!色めく急騰株の宝庫

 株式市場は米国株高と為替の円安という、「リスクオン」のダブルエンジンを携えて、新高値街道を突き進む展開にある。目先は騰落レシオや25日移動平均線とのカイ離など、テクニカル面からの高値警戒感は付きまとうものの、いったん停止しても、すぐに信号が青に変わる、極めて上値指向の強い相場が繰り広げられている。

 問答無用の上げに弱気は言うだけ野暮だが、さりとて高値を深追いしてまで個別株を仕込むのはどうも…と考える投資家が増えるのも当然の話。結果、底上げ相場の佳境ではリターンリバーサル(出遅れ物色)の流れが強く意識されるようになってくる。株価の値ごろやチャート位置から出遅れているものが物色対象として狙われやすくなる。最近の鉄鋼株や建機株の上昇など、唯一嫌気されていた中国関連株に出番が回ってきているのもその証左だ。

 そこで究極の出遅れ買い対象として浮上するのが、年初来高値更新までまだ上値に余裕のある超低位株の一群だ。ここ最近は低位株に改めて動意するものが増えているだけに、今こそ仕掛けのタイミングを迎えている。内容不問といったら語弊があるが、あえてファンダメンタルズからのアプローチを避けて、分かりやすく安い株を仕込むというのもひとつの戦略だ。

 そこで株価100円未満の出遅れ株の中から、上値余地の大きそうな銘柄を抜粋した。時価総額100億円を切る銘柄を避け、ある程度リスクを軽減した。割り切りスタンスでまとめ買いして、開花を待てば、意外な好結果も期待できる。

◆100円未満の安値買い妙味株

銘柄(コード)    株価 年初来高値

三住建設<1821.T>   86  117
世紀東急<1898.T>   91  108
三菱紙<3864.T>    92  102
石原産業<4028.T>   82   95
高周波<5476.T>    96  113
蛇の目<6445.T>    84  103
アライドHD<6835.T> 87   98
FDK<6955.T>    77   84
ラオックス<8202.T>  46   62
大東銀<8563.T>    98  108

※株価は4月11日現在。単位:円/時価総額100億円以上の銘柄

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)