野村総合研究所が上伸、大和証券は“証券業向け特需”に注目

 野村総合研究所<4307.T>が上伸。株価は一時前日比106円高の2839円まで買われ、年初来高値を更新した。大和証券は15日、同社の格付けを「3(中立)」から「1(買い)」に2段階引き上げ、目標株価を3300円に置いた。同証券では、「証券業向けに特需が今後2~3年は持続しよう」と指摘している。具体的な特需の内容には「株式売買高増への対応能力拡大」「日本版ISA(少額投資非課税制度)への対応」「国民ID(マイナンバー)制度導入による税務署などへの運用収益報告対応」などが挙げられている。
 同証券では、2015年3月期の連結営業利益は580億円(12年3月期実績は431億円)を予想しており過去最高益が視野に入るとみている。

野村総研の株価は12時50分現在2838円(△105円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)