<後場の注目銘柄>=中国塗、工業用塗料が堅調推移

 中国塗料<4617.T>は、船舶用塗料で国内シェア6割、世界第2位。13年3月期連結決算は、売上高は845億円(前の期比9.7%減)、営業利益は49億円(同10.5%減)と減収減益の見通し。

 下期も船舶、コンテナ向けは厳しい状況が続いたが、通期の営業利益は上期上振れ分の修正にとどめたことから、計画を達成したもようだ。

 14年3月期は、国内の建材用や、風力発電向け防食塗料、さらに電子機器向けプラスチック用紫外線硬化形塗料など工業向けの堅調が見込まれ、営業増益に復帰する可能性が浮上している。直近の信用取組は1.27倍と拮抗している。PERは11倍台と割安水準にある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)