野村マイクロが13年3月期業績の下方修正を発表 大型案件の原価増などで1200万円の経常赤字に

野村マイクロ・サイエンス<6254.OS>が13年3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の141億4200万円から132億8800万円(前の期比19.6%減)に、経常損益は2600万円の黒字から1200万円の赤字(前の期は4億5800万円の黒字)に、最終損益は6000万円の赤字から1億4900万円の赤字(同1億5400万円の黒字)に見直した。アメリカの半導体企業から受注した大型案件の工期延長に伴う原価増や、韓国企業から受注した装置案件の工事進捗率が想定を下回ったことで売上高が減少したことが影響する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)