神奈中交が13年3月期業績の上方修正を発表 自動車販売増やビルメンテの受注増で24%経常増益に

神奈川中央交通<9081.T>が16日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正を発表。売上高は前回予想の1106億円から1108億円(前の期比1.5%増)に、経常利益は45億6000万円から56億6000万円(同24.3%増)に増額し、横ばいから2割強の経常増益見通しとした。自動車販売事業で新車販売が増加したことや総合ビルメンテナンス業の受注増のほか、経費削減効果が寄与する。また、子会社の繰延税金資産の計上で最終利益は29億円から38億円(同57.8%増)に見直した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)