ドル円、小戻りを想定(17日展望)

ドル円、小戻りを想定(17日展望)
◆◆◆◆◆◆ 徹底したテクニカル分析見通し◆◆◆◆◆◆

◇今日のレジスタンス/サポート & ポイント解説◇ドル円  
第3レジスタンス:98.45-50円(90時間移動平均&ピボットS1)
第2レジスタンス:98.35-40円(1σ上限&60分足3σ上限)
第1レジスタンス:98.10-15円(前日高値圏&60分足2σ上限)
  NY引け値:97.51円(+0.76円)
第1サポート:96.90-95円(60分足基準線&60分足3σ下限)
第2サポート:96.35-40円(4/15安値圏など)
第3サポート:96.25-30円(調整50%押し&基準線)

反発。上下に大きく動く中、陽線引けでシッカリと終える事が出来た。
足型的には、拍子木型に近い反転の動きであり、上方に変化し易い流れ
だと言える。引き続きの小戻り想定の時間帯であり、買い方の動きが
出易いところだろう。昨日に続き、下げ小休止の見方。
基本的なスタンスとしては、4/11高値圏超えまでは下方リスクが強い流れ
であり、アヤ戻しの範疇という事でのトレード対応が良さそうだ。
短期筋中心に、ストップロス設定での押し目買いが検討されよう。

本日のポイント:アヤ戻しの局面であり、上方への勢いに注目。引け足で
 上昇幅が大きいと、先行期待が強まる恐れもあろう。
 日中は、60分足先行スパンからの放れに意識を集めたい。上方変化し易い
 局面であり、下値のサポートとして機能するため注視されたい。
 
今日の中心予想レンジ:96.90-98.45円
1日展望*小ジッカリ推移の局面か
(13日AM7:25執筆)

注)上記レートはインターバンク等の提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。
また、60分足テクニカルにおいては、執筆時レートよりも上下に
変動している場合があります。