神奈中交が反発、13年3月期経常2割強の増益に増額好感

 神奈川中央交通<9081.T>が反発。4月2日に下ヒゲ陰線で底値確認、それ以降は鮮烈な戻り足をみせている。同社は16日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正を発表。売上高は前回予想の1106億円から1108億円に、経常利益は45億6000万円から56億6000万円に増額し、横ばいから2割強の経常増益見通しとなったことで、これを好感する買いが優勢だ。自動車販売事業では新車販売が増加している。また、総合ビルメンテナンス業の受注増加しているほか、経費削減努力も効果が発現した。

神奈交の株価は9時33分現在603円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)