丸紅が反発、仏トタール社英国法人とLNG船長期傭船契約

 丸紅<8002.T>が反発。11日のザラ場高値733円から前日安値667円まで9%強下落したことで買い戻しが先行。16日に韓国SK海運と共同で仏ガス・石油会社トタール社の英国法人と新造LNG船2隻の長期傭船契約を結んだと発表したことも支援材料になった。LNG積載容量は18万立方メートルで、15年に拡張されるパナマ運河を通峡可能な最大船型。竣工は17年1月、10月の予定で、最長30年間傭船される。1隻は豪州イクシスLNGプロジェクト、2隻目は米国のシェールガスを原料とするLNGプロジェクトのLNG輸送に投入される予定。

丸紅の株価は10時2分現在681円(△12円)