レオパレスが反発、台湾で現地賃貸物件の仲介業を開始

 レオパレス21<8848.T>が反発。この日、台湾の拠点であるレオパレスセンター台北支店で、現地賃貸物件の仲介業を開始することを発表した。日本の顧客向けに住宅、オフィス、店舗などの現地賃貸物件を紹介、契約手続きのサポートや入居中のアフターサポートなどを行うことで、顧客の台湾進出とビジネス成功をサポートしていく。同社の海外展開に期待が高まるところだ。

レオパレスの株価は10時51分現在537円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)