内海造船の13年3月期営業利益30億円に増額

 内海造船<7018.T>は17日、13年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の285億円から270億円に若干減額したが、営業利益は10億1000万円から30億円に、経常利益は9億1000万円から29億8000万円に大幅増額した。売上高は新造船工事の受注時期が後ずれしたため減額となったが、利益面では徹底したコスト削減と、受注時期のずれに伴う工事損失引当金の計上額が減少したことが押し上げ効果をもたらせた。なお、最終利益については繰延税金資産の取り崩しを行い、法人税等調整額の計上に伴い従来予想の3億1000万円から1億9000万円に減額している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)