18日の株式相場見通し=欧米株式市場の大幅下落を嫌気して売り先行

 18日の東京株式市場は、前日の欧米株式市場の大幅な下落を嫌気して売りが先行する展開となりそうだ。17日の米国株式市場は、反落となった。NYダウが前日比138ドル安の1万4618ドルと大幅反落した。外国為替市場では、1ドル=98円台前半での推移となっている。18日から19日に掛け米ワシントンて開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に手控えムードが広がりそうだ。
 日程面では、3月の貿易統計、3月の粗鋼生産、3月の全国百貨店売上高、3月の首都圏・近畿圏マンション市場動向に注目。海外では、G20財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン・~19日)、イタリア大統領選挙開始、北米3月の半導体製造装置BBレシオが焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)