◎欧米外為市場サマリー

 17日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=98円12~13銭と前日に比べ60銭強の円安・ドル高。対ユーロは、1ユーロ=127円85~89銭と同60銭強の円高・ユーロ安で推移した。日銀が26日の金融政策決定会合で、「物価見通しを大幅に上方修正する」との日本経済新聞の報道を受け、金融緩和効果への期待が高まり円売りが流入した。円は対ドルで一時、98円27銭まで下落した。ユーロは、対ドルで1ユーロ=1.3031~32ドルと同0.0145ドルのユーロ安・ドル高で推移した。ワイトマン独連銀総裁が利下げの可能性に言及したとの報道を受け、ユーロは下落した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)