ANAとJALが高い、米連邦航空局の787運航再開認可報じられる

 ANA<9202.T>とJAL<9201.T>が高い。18日取引終了後に日本経済新聞電子版が「米連邦航空局(FAA)は発煙事故で運航停止中の米ボーイングの新型機787の運航再開を月内にも認可する方針を固めた」と報じたことが好感されている。FAAの正式発表を受け、国土交通省も787の運航を認める方針で、世界に先駆けて787を導入したANAホールディングス傘下の全日本空輸と日本航空は、6月にも営業運航を再開する見通しと伝えており、運航計画修正による収益改善を期待した買いが先行した。

ANAの株価は9時25分現在203円(△6円)
JALは4255円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)