<前場の注目銘柄>=マクロミル、リサーチ需要の拡大続く

 マクロミル<3730.T>は高値圏でのもみ合いとなっているが、ここを抜ければ一気に1500円へと進みそうだ。

 足もとは、インターネットを活用した企業のマーケティング需要を取り込み、食料品や情報、通信業界を中心にリサーチ需要が堅調に推移している。特に、13年6月期は企業の次年度のマーケティングプラン策定に必要なリサーチ需要が集中する1~3月期に、景気回復期待から需要が増加したとみられ、業績上振れの可能性も高い。

 中期的にも海外事業の貢献や年間契約をベースにしたストック型収入の積み上がり、さらに現在準備中の新サービスの投入などで、業績堅調が見込まれる。株価も上昇局面が期待できよう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)