安永が軟調、前3月期3.4億円の営業赤字転落を嫌気

 安永<7271.OS>が軟調。17日大引け後に前2013年3月期通期予想を連結売上高で当初計画の337億2000万円から339億6000万円(前々期実績363億1400万円)へ増額修正したが、営業損益では3億7000万円の黒字から3億4000万円の赤字に下方修正したことが嫌気されている。太陽電池関連ワイヤソーの滞留在庫に対して、今後の販売状況などを踏まえ、全額棚卸資産評価損として約11億円を売上原価に計上することが要因。前期末配当も当初計画の7円から4円(前年同期実績8円)に引き下げている。今後の利益回復には主力分野である自動車エンジン部品の拡大が鍵を握りそうだ。

安永の株価は9時54分現在449円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)