大成、鹿島など大手建設株が高い、13年度予算成立で財政出動に期待

 大手建設株が高い。大成建設<1801.T>は一時、前日比6円高の297円まで買われ、1月高値304円に迫った。鹿島<1812.T>も同6円高の290円に上昇し1月15日高値299円を視野に入れた。16日に衆院で13年度予算が可決され、成立する見通しとなった。市場関係者からは「これから財政出動が本格化するだけに、ゼネコン株には再上昇期待が膨らんでいる」(準大手証券)という見方が出ている。高値から3カ月の調整を経ており、株価には出直り期待が高まっている。

大成建の株価は12時57分現在294円(△3円)
鹿島の株価は12時57分現在288円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)