G20で円安を批判?

発言には要注意だが
今日、明日の予定でワシントンでG20財務相・中央銀行総裁会議とIMF(国際通貨基金)・世界銀行の春季会合が開催されます。日銀の黒田新総裁にとっては、国際会議デビューということもあって注目が集まっています。

G20では、これまで通り輸出競争力強化を目的とした競争的な通貨の切り下げを回避する、という公約が再確認される見通しですが、これはあくまでも国内目的の為の政策の結果として通貨安が進行することに対しては他国の批判を受けない、という事の裏返しです。

したがって、正式な文章などでは日銀の「質的・量的緩和」や現在の円安についての批判などはないという見通しですが、いくつかの国からは円安に対する非難めいた言葉が聞かれる可能性があります。

特に韓国からは、訪米中の玄オ錫経済副首相が記者との懇談会で「円安などによるマイナスの波及効果は明らかに存在するため、これを最小化するための議論が自然に行われるだろう」などと述べていることから、今後も円安をけん制する発言がありそうです。

ただ、G20総体としては今の日本の緩和政策を前向きに評価する可能性が高いと予想できますので、もしそういった発言などで円高の動きとなっても一時的なものに留まると考えられます。