前田工繊が3月中間期業績見込みを上方修正、復興事業関連の河川系製品が好調で

 前田工繊<7821.T>が集計中の第2四半期累計(9月21~3月20日)連結業績について、従来予想の売上高96億円、経常利益10億9500万円を上回り、売上高109億2800万円(前の期比22.6%増)、経常利益14億9100万円(同46.6%増)になりそうだとの上方修正を発表した。主力の環境資材事業で、復興事業関連で河川系製品の売り上げが好調だったことに加えて、グループを挙げての経費削減活動の徹底が寄与した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)