◆18日のNY株式市場の概況 米景気回復ペースの鈍化を懸念

 18日のNY株式市場はNYダウが続落し、前日比81.45ドル安の1万4537.14ドル、ナスダック総合指数が同38.31ポイント安の3166.36ポイントで取引を終了した。朝方発表の米新規失業保険申請件数が35万2000件と市場予想の35万件以上に増えたことや、フィラデルフィア連銀製造業景気指数が総合で1.3と、市場予想の3.0を下回ったことなどから、米景気の回復ペースが鈍っているとの見方が浮上。また、米金融大手のモルガン・スタンレーの四半期決算低調から企業業績の先行き不透明感も強まった。出来高概算はニューヨーク市場が7億9746万株、ナスダック市場が17億2494万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)