トヨタが小幅続落、米国での増産投資報道にも反応薄

 トヨタ自動車<7203.T>は小幅続落。同社は米国での増産投資に乗り出すと19日付の日本経済新聞が報じた。ケンタッキー工場で2015年から総額400億円を投じレクサスなどの生産を行う方針で、株価の支援材料として意識される。ただ、前日の米国株市場では低調な経済指標が相次いだことを受けて続落歩調にあり、足もとはこれを引き継いでの売りが優勢。米国景気の先行きにやや不透明感が出てきていることで、同社の米国での自動車販売にも若干影を落としているようだ。

トヨタの株価は9時37分現在5370円(▼60円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)