ビーマップがストップ高、13年3月期増額修正が手掛かりに

 ビーマップ<4316.OS>が寄り付きから買いが集中しストップ高カイ気配となっている。同社はJRなどを主要顧客にコンテンツ企画・製作を手掛けるが、昨今は無線LANなどクロスメディア事業に急展開、これが功を奏しつつある。同社は18日、13年3月期通期の単独業績予想の上方修正を発表、売上高は12億2000万円から12億7000万円に、経常利益4000万円から6000万円(前期は6800万円の赤字)に、最終利益は3000万円から5000万円(同8500万円の赤字)に増額した。クロスメディア事業分野の無線LAN関係の受注が伸びたことが背景。仕手材料性に富む銘柄で、業績底入れ期待を背景に短期資金の流入が加速している。

ビーマップの株価は9時39分現在11万4000円(△1万5000円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)