大研医器が4連騰、鳥インフル感染者増で殺菌水製造装置などに注目継続

 大研医器<7775.T>が4連騰、株価はここ急速に上げ足を速めている。中国政府・衛生と計画出産委員会が18日夜に最新のH7N9型鳥インフルエンザ患者・死者数を発表、患者は前日より5人増えて累計87人になったことが報じられており、感染被害が拡大していることから真空吸引器や殺菌水製造装置など感染防止分野に強みを有する同社への人気が継続している。病院など医療現場での院内感染への不安が高まるだけに、先端医療分野で評価が高い同社製品に期待が高まるところだ。

大研医器の株価は10時現在3680円(△125円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)