シンワアート続騰、再生エネと医療事業参入を好感

 シンワアートオークション<2437.OS>が続騰。18日取引終了後に発表した3月の月次売上高は前年同月比35倍の4億900万円と急増し、併せて再生エネと医療事業への参入を発表したことが好感されている。3月は近代美術PartⅡオークション、織田広喜コレクション、近代美術オークション、浮世絵オークションと近代陶芸・古美術オークションを開催したことで、取扱高が前年同月比14倍強の7億5600万円に拡大。新規事業は再生エネルギー事業を行うエーペックの株式を取得、富裕層マーケティングの一環として不動産事業に関連する再生可能エネルギー事業へ進出するとともに、24日付で新会社シンワメディカルを設立し、新規事業として医療機関向け支援事業を開始する。

シンワアートの株価は9時28分現在364円(△43円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)