新日鉄住金が小幅続落、粗鋼生産2年ぶり増加も織り込み済み

 新日鉄住金<5401.T>が小幅続落。日本鉄鋼連盟が18日に発表した2012年度の粗鋼生産は前年度比0.8%増の1億730万トンと2年ぶりに増加、3月単月も前年同月比1.3%増の945万トン、前月比では13.5%増と高い伸びになったが、粗鋼生産の回復は事前に観測されており、織り込み済みとして反応はなかった。12日に戻り高値263円をつけた後、手仕舞い売りに上値を圧迫されており、商品市況低迷に伴う鋼材価格の軟化も警戒されている。ジェイ エフ イー ホールディングス<5411.T>も反発しているものの上値は重い。

新日鉄住金の株価は10時36分現在245円(▼2円)
JFEの株価は10時36分現在1920円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)