日東化工が上昇、13年3月期利益増額、復配で見直し

 日東化工<5104.T>が上昇、一時前日比約14%高となる90円に急伸した。同社は工業用ゴム製品と樹脂製品を手掛け、株価は低位ながら三菱樹脂が36%強の株式を保有しており、経営面での不安は乏しい。同社は18日、13年3月期通期業績予想(単独)の修正と配当予想の修正を発表、売上高は従来予想の99億円から95億8000万円に減額したが、経常利益は合理化などによる原価低減策を推進したことにより4000万円から5700万円に増額している。また13年3月期は1円復配にこぎ着けており、値ごろ感も作用して見直し買いを誘っている。

日東化工の株価は11時8分現在83円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)