日通が反発、SMBC日興証が投資判断を引き上げ

 日本通運<9062.T>が反発し年初来高値を更新。この日は、SMBC日興証券が18日付で投資判断を「3」から「2」とし、目標株価を330円から590円に引き上げたことが観測されている。業績予想を見直し、13年3月期の経常利益予想を従来の420億円から410億円に小幅引き下げた一方、14年3月期は従来の480億円を据え置き、15年3月期は530億円から560億円に上方修正したことが要因。また、3月29日に発表の新中期経営計画で掲げる国内事業収支改善努力は、14年3月期は緩やかな効果発現にとどまり、15年3月期に加速することを想定したとしている。

日通の株価は11時15分現在528円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)