ニューフレアが大幅反発、半導体製造装置関連に好材料相次ぐ

 ニューフレアテクノロジー<6256.OS>が大幅反発。3月の米国半導体BBレシオが1.14倍と2月の1.10倍から上昇し、10年8月以来の高水準に達したことや、東京エレクトロン<8035.T>の上方修正、台湾TSMCの設備投資増額修正などで半導体製造装置関連には好材料が相次いでいることを好感。同社は電子ビームマスク描画装置で世界トップシェアを占めており、業界環境の好転はもちろんプラスに働く。

ニューフレアの株価は11時20分現在66万5000円(△3万5000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)