外為:1ドル98円40銭台へ下げ幅縮小

 18日の東京外国為替市場の円相場は、午後1時時点で1ドル=98円42~43銭と前日午後5時時点に比べ44銭の円安・ドル高。麻生財務相による「G20での異論はなかった」との発言を受け午前11時40分過ぎに一時、98円67銭をつけたが、その後は円への買い戻しが入り、下げ幅は縮小している。対ユーロでは1ユーロ=128円52~56銭と同63銭の円安・ユーロ高で推移している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)