倉元製作が高い、スマホ、タブレット向け中心に事業環境好転

 倉元製作所<5216.OS>が高い。200円近辺でもみ合いのチャート形状となっていたものの、きょうは出来高を伴って戻りを意識する展開。ジャスダック市場の個別銘柄人気が増幅していることから、「流動性のある低位銘柄として注目する向きがある」(市場関係者)という。液晶用中小型ガラス基板加工で国内トップクラス。スマホ、タブレット向け中心に事業環境は好転しており、13年12月期は増収2ケタ増益に進む見通し。値動きの軽さに定評がある株価特性は、現在の地合いにマッチする側面ともいえそう。

曙ブレーキの株価は13時31分現在213円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)