アドバンテストが反発、半導体市況改善で押し目買い

 アドバンテスト<6857.T>が反発。円がドル、ユーロに対して弱含んでいることで押し目買いが優勢になっており、18日に国際半導体製造装置材料協会(SEMI)が発表した3月の北米地域の半導体製造装置のBBレシオが一段の改善を示したと伝えられたことが支援材料になった。半導体製造装置最大手の東京エレクトロン<8035.T>が急伸していることも刺激になっている。

アドバンテストの株価は13時43分現在1362円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)