ポールHDが大幅高、2つのテーマで買い優勢

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657.T>が大幅高で年初来高値を更新。前日は高値更新後に利食い玉をぶつけられて上ヒゲ陰線を引いたが、間髪を入れずその上ヒゲに陽線をかぶせてくる強い足をみせている。
 同社はゲーム中心にソフトの不具合検査を手掛けるほか、インターネット投稿の監視業務も手掛ける。ネット監視では経済産業省から違法・有害情報対策の調査研究を受託するなど高い実績を擁し、ネット選挙運動の解禁に伴い活躍余地が広がっている。
 また、不具合検査ではスマートフォン普及に伴いソーシャルゲーム向け需要が好調に推移しており、ここにきてソーシャルゲームのコンテンツを手掛ける銘柄が軒並み人気になっている流れを受け、同社株にも連想買いの矛先が向いているもようだ。業績は好調で13年1月期の最終43%増益に続き、14年1月期も2ケタ増益を見込むなど、その成長性が買い人気継続の原動力となっている。

ポールHDの株価は13時53分現在2055円(△131円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)