外為:1ドル98円80銭台へ一段の円安進む

 19日の東京外国為替市場の円相場は、午後4時時点で1ドル=98円81~82銭と前日午後5時時点に比べ83銭の円安・ドル高。夕方に入り、円安が加速し午後3時40分過ぎには一時98円90銭をつけている。午前中に麻生財務相の「G20での異論はなかった」との発言を受け、円安が進んだ流れを引き継ぎ、一段の円売りが膨らんでいるようだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)