島精機が円安効果で利益増額

 島精機製作所<6222.OS>はこの日大引け後に前2013年3月期通期予想を連結売上高で当初計画の340億円から349億円(前々期実績373億2700万円)、営業損益で0から5億円の赤字(同8億8300万円)、純利益で7億円から17億円(同6億4200万円の赤字)へ修正した。コンピュータ横編機およびデザインシステムの受注が活発となり売上増に貢献したが、製造子会社の操業度向上による売上総利益率の改善効果や販売子会社における売上計上の一部が次期以降に持ち越されることなどで営業損失が拡大、急速な円高修正の進展が利益を押し上げている。期末配当は未定としていたが、15円配当(前年同期実績22円50銭)とすることも発表している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)