今夜の注目材料は? 

今夜の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場は昨日高値98.52円を突破。さらに欧州勢参入後には上昇に拍車がかかり、99.30円台まで値を伸ばしました。
この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

4/19(金)
20:30 バイトマン独連銀総裁、ショイブレ独財務相、ワシントンで講演
21:30☆(加) 3月消費者物価指数
21:30  (加) 2月卸売売上高
22:30  (米) ゼネラル・エレクトリック(GE)第1四半期決算
25:00  (米) スタイン・FRB理事、講演
-----☆G20財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン、最終日)
-----  IMF・世界銀行春季会合(ワシントン、21日まで)
※☆は特に注目の材料

もっとも注目されるのはG20の声明内容になるでしょう。
すでに、麻生財務相は日本の金融政策についての異論はなかったとの発言をしていますが、韓国の企画財政相は日本の円安に対して批判をしていることが報じられており、予断を許しません。これから報じられるであろう声明草案の内容と、為替の反応には注目です。

また、週末を控えたポジション整理による急な動きなどにも要注意でしょう。