アイフルが反落、最終利益33%増益も目先利益確定売り

 アイフル<8515.T>が3日ぶり反落。同社は19日、13年3月期通期の連結業績予想を発表した。前回(2012年5月15日発表分)は「未定」として予想数字を公表していなかったが、今回発表した13年3月期業績予想は、売上高に相当する営業収益が996億円、営業利益が152億円、経常利益が182億円、最終利益が232億円となった。営業収益は前の期の実績を下回ったものの、最終利益は事業再生計画に基づくADR対象債権を金融機関から買い取った際に発生した60億円の特別利益を計上したことから、33.4%増と大きく拡大した。
 株価はここ上昇基調を強め高値警戒感が生じていたことや、営業収益が2ケタ減となったことを嫌気して売りが優勢となっている。

アイフルの株価は9時18分現在886円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)