今週100円を突破、目標価格は101円後半?

先週は調整後、円安に
先週は13日に米財務省が議会提出した為替報告書が日本の為替政策に対してのけん制と市場に受け止められたことや、ボストンマラソンでのテロ、中国GDPの低下などを受けて、一時96.345まで下落いたしましたが、その後は再度100円を目指す展開となりました。
レジスタンスは100円、101.50~70前後
テクニカル的には、200日移動平均線も上昇トレンド、一目均衡表も雲は上向きで、価格は雲、転換線、基準線の上で推移していることから、上昇トレンド継続と考えられます。
また、ストキャスティクスやMACDも強い状態です。

目先のレジスタンスは心理的な節目となる100円、その上は週足ピボットポイントのセルポイント2で2009年の高値となる101円後半、サポートは転換線の98円20銭前後、その下が基準線の位置する96円30前後を考えております。

焦点
米経済指標
 週前半 住宅関連指標
 週後半 米GDP
日銀政策決定会合
26日 満月