日東電が3日ぶりに反発、3月月次動向好調でGS証券も高評価

 日東電工<6988.T>が3日ぶりに反発した。前週末19日に発表した3月月次売上高は前年同月比19%増(前月比16%増)となり、うち情報機能材料は同35%増(同16%増)となったことを好感している。ゴールドマン・サックス証券では、旧正月を含む2月からの戻りが比較的強めに推移したことに加え、円安効果が前月比3%程度あったもようとしており、円安効果を除いても売上高が前月比10%以上増加した点はポジティブな印象と評価。また、今後もまだ前月比での円安効果が続く見通しとしている。

日東電の株価は11時30分現在6460円(△180円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)