シミックHDが再動意、2000円大台復帰

 シミックホールディングス<2309.T>が再動意で2000円大台を回復。2000円台固めから一段の活躍期待が膨らんでいる。臨床試験支援で業界トップに位置しており、医薬品開発支援の受注が想定以上に伸びるなど業績好調、きょうはバイオ関連全般に物色資金が回る中、買い人気が波及している。同社子会社であるシミックPMSが、4月から日本アルトマークのCRO事業(製造販売後調査・安全性業務受託)を譲受し営業を開始している。シミックPMSはシミックグループと日本アルトマークのノウハウなどを融合しPMSに関する事前準備から当局対応までを含めた一貫したサービスを提供し、業容拡大に期待した買いが入っている。また同社は、今夏にも手足の痺れや皮膚障害などの発作が起こる希少疾病向けの治療薬の販売を始める方向で、これを材料視する声もあるようだ。

シミックHDの株価は12時44分現在2056円(△101円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)