新興市場(大引け)=ジャスダック平均、マザーズ指数とも4日続伸で高値

 22日大引けの新興市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも4日続伸、年初来高値を更新した。
 日経ジャスダック平均は先週末比34円29銭高の1914円29銭。
 DWTI、コスモスイニシア、ゲートウェイHD、セルシード、スパークス、アールテックがストップ高となり、セレスポが年初来高値を更新、陽光都市も続伸。半面、ヤマトイン、MAGネットHDが急落、コジタカHDやフュージョンなども値を崩している。
 東証マザーズ指数は先週末比26.64ポイント高の750.74。
 ピーエイ、インタートレード、メディビック、メッツ、ネットプライスなどがストップ高、エストラストが5日続伸、ウェブクルーなども買われた。半面、メディア工房が急落、ジアース、フライト、地盤ネットなども軟調。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)