A&AMが弱含む、13年3月期最終4億9000万円の赤字嫌気

 エーアンドエーマテリアル<5391.T>が弱含みで推移。同社は22日、13年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の380億円から362億円に減額。また、最終損益は1億円の黒字見通しから、4億9000万円の赤字見通しに下方修正したことでこれを嫌気する売りに押されている。ただ、株価は100円を切る低位に位置しており、値ごろ感から下値を大きく売り込む動きもみられない。工業製品・エンジニアリング事業において船舶・鉄鋼関連を中心とした需要の低迷が受注や価格競争に影響し、売上高は従来見通しを下回ったほか、最終損益は特別利益として投資有価証券売却益を、特別損失として事業所閉鎖損失をそれぞれ計上、この結果、赤字見通しに修正されている。

A&AMの株価は9時20分現在96円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)