アンジェスMGが3日続伸、CIN治療ワクチンの漢方薬による増強効果を解明

 アンジェスMG<4563.T>が3日続伸。この日午前10時30分に同社の開発プロジェクトであるCIN治療ワクチンに関して、東京大学産科婦人科学の川名敬准教授が、ある種の漢方薬をCIN治療ワクチンと一緒に服用することによってその効果が格段に向上することを解明しましたことを発表した。CIN治療ワクチンは、子宮頸がんの病原ウイルスであるヒトパピローマウイルスのE7抗原に対し特異的なT細胞を活性化することで治療効果を発揮するが、今回の漢方薬による増強効果は、CIN治療ワクチン単独投与と比して3倍上昇することが示されており、早期の実用化への期待が高まるところだ。

アンジェスMGの株価は10時40分現在24万8400円(2万4600円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)