大阪株式(前引け)=出遅れ銘柄買われ大証修正平均は続伸

 23日午前の大証修正平均は続伸。前日比43円25銭高い2万2681円77銭になった。先駆した銘柄は利益確定売りに押されたが出遅れた銘柄買われ相場を支えた。ノーリツ鋼機や西尾レント、東洋機械、神東塗、ヤマトインタ、錢高組が続伸、京阪電やダイダン、古野電、船井電機も高い。一方でオートバクスやワキタ、穴吹興産、明星工、長谷工、大証金が反落、任天堂やダイビル、名村造も安い。
 2部修正平均も続伸。前日比17円6銭高の4917円ちょうどで引けた。森組やニチリン、南海辰村が続伸し、音通は反発、朝日放やマーチャント、カネミツも高い。半面でクレアHDが続落し、原弘産やノザワ、アスモは反落、メタルアートや西菱電機、瑞光も安い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)