<動意株・23日>(前引け)=麻生フオーム、富士通ゼネ、いちごHD

 麻生フオームクリート<1730.OS>=一時ストップ高。建設株が幅広く物色されるなかで、麻生太郎副首相兼財務大臣の弟である麻生泰氏が会長を務める麻生グループの一員である同社が再び人気化している。麻生副首相兼財務大臣は、先日開催されたG20でも存在感を見せていた。軽量盛土など気泡コンクリート工事の最大手で、地盤改良でも豊富な実績を有する。

 富士通ゼネラル<6755.T>=続伸。あす24日に前2013年3月期決算を発表予定にあることから関心が高まっている。連結営業利益では150億円(前々期比12.6%増)を見込んでいるが、円安基調が継続すれば、欧州や豪州向けなどの輸出採算が好転から今期も増益基調が期待される。

 いちごグループホールディングス<2337.OS>=連日人気。22日のストップ高に続き、この日も大幅続伸。19日に、13年2月期連結業績が、売上高163億9700万円(前の期比13.5%減)、経常利益17億3400万円 (同77.1%増)と大幅増益となったと発表。また、8月31日時点の株主に対する1対200株の株式分割(効力発生日9月1日)と9月1日から1単元を100株とする単元株式制度を採用することを明らかにしている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)