サカタタネが1カ月ぶり新高値、TPP関連としてテーマ性

 サカタのタネ<1377.T>が続伸で1カ月ぶりに年初来高値を更新した。前週末20日に米国をはじめTPP交渉参加11か国は日本のTPP交渉参加を正式に承認した。これによりTPPで懸案となっていた国内農業関連への政策支援の思惑が高まっている。同社は種苗のトップで、その技術力の高さから野菜や花種子などで海外展開にも厚く、成長戦略のもとで国策支援の及ぶ有力関連株として位置づけられる。11日に発表した12年6月~13年2月期の連結経常利益は3.0%減の27億8700万円と冴えなかったが、足もとの業績推移を嫌気した売りは既に一巡したようだ。

サカタタネの株価は13時27分現在1291円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)