ユーグレナがストップ高、シンボルストックに買い気衰えず

 ユーグレナ<2931.T>が後場上げ幅を広げ、前日比1000円高の7040円ストップ高をつけた。午後1時51分現在差引き7万株の買い越しになっている。ミドリムシによるバイオ燃料の早期実用化期待を手掛かりに業容変貌の可能性を秘めた新興市場のシンボルストックとして人気を集めており、東証が22日売買分から委託保証金率を50%以上に引き上げたが、買い気に衰えは見られない。22日申し込み現在の日証金は融資残が35万3400株と前日から7万4900株減少するなど、需給は改善しており、現物主導で騰勢を強めている。

ユーグレナの株価は13時59分現在7040円(△1000円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)