藤倉ゴムが堅調、天然ゴム価格下落で業績回復期待

 藤倉ゴム工業<5121.T>が堅調。3月22日につけた直近高値287円をにらむ展開。ゴム製引布、産業資材大手で、ここにきての天然ゴム価格の下落を背景に、原材料安メリットを享受するとの見方が浮上している。業績は13年3月期を底に切り返す公算がありそう。時価のPBRは0.3倍台に過ぎず、年間配当利回り2.9%という側面も勘案すれば、中長期スタンスでの値幅妙味は大きいのではないだろうか。週足では280円近辺を上限とした下値ボックスを継続する格好となっている。

藤倉ゴムの株価は14時12分現在283円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)