日本合成化学が急伸、13年3月期の増額修正と増配を好感

 日本合成化学工業<4201.T>が急伸。株価は前日比58円高の960円まで買われた。同社株の950円台は1992年2月以来、約11年2カ月ぶりの水準。23日、13年3月期連結業績の増額修正と増配を発表したことが好感された。経常利益は従来予想の116億円を123億円(前の期比81.9%増)、純利益は76億円を81億円(同2.6倍)に見直した。合成樹脂製品の販売増や為替の円安効果が、収益の上乗せ要因となった。同時に配当は前の期に比べ3円増の年15円とする予定だ。

日本合成化学の株価は9時31分現在960円(△58円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)