TACが急騰、13年3月期の業績修正受けストップ高

 TAC<4319.T>に買いが集中、一時ストップ高の247円まで買われる人気となった。同社は23日、13年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、経常損益を2億4000万円の赤字から一転、3億7700万円の黒字に上方修正したことが突発人気の背景。昨年秋にスマートフォン・タブレット端末に対応できるように改修したWeb通信講座が、好調な伸びを示したほか、出版事業が好調だった。また、人件費や販売費、一般管理費などのコスト削減に努めたことも黒字化に寄与している。これにより時価PERはわずかに4倍台と割安感が極まっているうえ、株式需給面では足が軽い特性を持ち、テクニカル的にも株価は中段で煮詰まり限界、今月中旬に5日・25日移動平均線のゴールデンクロスを示現していることから、上放れの条件が揃っていた。

TACの株価は10時9分現在245円(△48円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)