<動意株・24日>(前引け)=TAC、J・TEC、ドリコム

 TAC<4319.T>=ストップ高。同社は23日、13年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、経常損益を2億4000万円の赤字から一転、3億7700万円の黒字に上方修正したことが突発人気の背景。昨年秋にスマートフォン・タブレット端末に対応できるように改修したWeb通信講座が、好調な伸びを示したほか、出版事業が好調だった。また、人件費や販売費、一般管理費などのコスト削減に努めたことも黒字化に寄与している。

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.OS>=ストップ高で、未踏の50万円台に突入。安倍首相が日本経済再生に向けた成長戦略の第1弾として掲げる「iPS細胞などを用いた再生医療の実用化」が、バイオ関連株の上昇機運を高めているが、同社は自家培養表皮や自家培養軟骨など再生医療製品を開発製造しており、再生医療関連のテーマにぴったりと合致することから、その中核銘柄として短期資金を引き寄せている。

 ドリコム<3793.T>=ストップ高カイ気配。同社は23日、13年3月期通期の業績予想の修正を発表し、売上高は従来予想の80億円から84億9000万円に営業利益は1億円から4億7000万円に上方修正している。ソーシャルゲーム事業が好調に推移したことから売上高、利益ともに想定を上回っており、特に海外向けゲームが会員数、課金額ともに伸びた。また、国内ゲームについてもイベント運用への注力で想定以上に好調だった。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)