ガンホーが最高値を実質更新、時価総額8700億円超に

 ガンホーオンラインエンターテイメント<3765.OS>の上げ足が止まらない。高水準の商いを集めて利益確定売りをものともせず上値を突き進む展開でバブル相場的な様相となっている。鳴り物入りで上場した2005年当時につけた最高値は2310万円だが、これを株式分割後の修正値比較で遂に抜き去った。時価総額は8700億円強となり、既にグリーとDENAの2銘柄の時価総額を合算してもガンホーに及ばないという状況となっている。
 4月上旬現在累計で1200万ダウンロードを超える記録的な人気となっているスマートフォン向けアプリ「パズル&ドラゴンズ」が、大変貌相場の起爆剤となっているが、急激に膨張し続ける時価総額を前にMSCI新規採用の思惑が浮上するなど、機関投資家筋の大口買い需要も類稀なる上昇相場のシナリオに組み込まれている。
 前日に「パズル&ドラゴンズ」の英語版をカナダで配信開始(現地時間21日)したことを発表しており、北米や韓国などでの配信に続き、海外展開を加速していることによる業容拡大期待が買い人気を増幅しているもようだ。

ガンホーの株価は11時30分現在75万円(△7万1000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)